LINEやメールでオンライン相談受付中!掲載されていない車種やタイヤも取り扱っています

【大阪市鶴見区のタイヤ屋さんが解説】冬の季節は、車が汚れやすい?冬こそ洗車とコツを解説!

大阪市鶴見区の「タイヤ良販本舗」です!

車を綺麗に保つ為に、洗車を行う方も多いかと思いますが冬になるといつもより汚れる事が多い?と感じた事はありませんか?

車の汚れは、放置しておくと傷つきの原因にもなる為注意する必要があります。

実は、冬になると車が汚れてしまうのには理由があります。

それは、空気が乾燥していて土埃が大気中に舞いやすくなり、風によって運ばれボディに付着してしまうからなのです。

積雪の多い地域では更に、土埃が混じった残雪がタイヤによって跳ね上がりボディに付着してしまいます。

では、上記のような汚れを放置しているとどうなるのでしょうか。

ボディの汚れを放置してはいけない理由

冬の季節にボディの汚れを放置しておくと、霜などにより汚れが水分を含んでしまいます。

そしてボディにはりついた状態になるのですが水分を含んだ汚れは、下に流れ落ちますよね。

となると、下に流れ落ちる際にどんどんと汚れが積み重なりボディに傷がついてしまう恐れがあるのです。

同様に、窓に付着した汚れの場合はワイパーを動かすとワイパーーブレードを傷めてしまったり窓に微細な傷をつけてしまう恐れがあります。

水分を含んだ汚れが、やがて固まりボディに付着したままで放置をしていると、汚れを取り除くにも時間と労力が必要になってしまい洗車するにも一苦労です。そうならない為にもこまめな洗車がオススメです!

また、積雪のある地域の方は雪道ではアイスバーンを防ぐ為に凍結防止剤がまかれている事が多いです。

この凍結防止剤には”塩化カルシウム”や”塩化ナトリウム”が含まれていて、ボディに付着したまま放置しておくと錆びる原因となってしまいます。積雪のある地域にお住まいの方は、車の下回りにアンダーコートと呼ばれる防錆塗装を行われる方も多いかと思いますが、理由の一つとして凍結防止剤による錆びからボディを守る役割を果たしているのです。

冬の季節の洗車方法

冬の季節は、他の季節に比べて土埃による汚れが付着しやすく、こまめな洗車が必要だということをお伝え致しましたが、洗車の際はボディが傷つかないよう注意する必要があります。

そこで、オススメの洗車方法をご紹介致します!

■オススメの洗車方法

①ボディにたっぷりの水ををかける

まずは、水を使って汚れを洗い流します。たっぷりの水をかけて洗い流して下さい。徐々に水をかけ流しながらクロスなどで滑らすようにして、まずは汚れを落としていきます。

いきなり、カーシャンプーで洗うとスポンジに土埃がたっぷり付着してしまいます。汚れが付着したスポンジでゴシゴシ洗うと傷の原因にもなってしまうので、まずは水を使って予洗いして下さいね。

②カーシャンプーの使用と、水分をふき取る

カーシャンプーでボディに残った汚れを除去し、水分をよくふき取ります。

※足回りの洗車も忘れず※

ボディに洗車と共に、忘れてはいけないのが足回り!

汚れが溜まりやすい部分でもあるので、しっかりと洗車をし、その際にはタイヤに異常がないかもチェックしてみて下さいね。

特に積雪地域にお住まいの方や、積雪地域を走行された方は凍結防止剤が付着している可能性がある為、足回りもしっかりと水で洗い流して下さい。

ボディを洗車する時間が、なかなか持てない場合でも足回りはこまめに水で洗い流すだけでも錆び防止になります!!!

** 隅々まで洗車を行う際は、こちらもチェックしてみて下さい♪ **

** 足回りの洗車は、こちらもチェックしてみて下さい♪ **

■冬の季節の洗車は凍結に注意!

冬の季節の洗車時は、水分が残らないようにする必要があります。

理由は、水分が残っていると凍結の原因になる為です。

寒い地域にお住まいの方は、ドア回りに水分が残っていると凍結してしまいドアが開かなくなってしまうケースもあります。

ドアだけでなく、ボンネットやトランクなどの開口部は一度開けて、水分をしっかり拭き取ることを忘れないで下さいね。

まとめ

冬の季節の洗車は、寒くて大変ですが汚れが付着しやすい季節です。

また錆びの原因になる汚れも付着しやすくなっているので、こまめに洗車をして大切な愛車をメンテナンスする事でボディを綺麗に保つ事ができますよ。

LINEで気軽に相談できます!