LINEやメールでオンライン相談受付中!掲載されていない車種やタイヤも取り扱っています

タイプ別!目的にあったタイヤを見つけよう②

タイヤは種類によって、乗り心地が変わったり、操縦性能や走行性能にも違いがあるのはご存知でしょうか。例えば、プレミアムカーには快適性の高いコンフォートタイヤ、エコカーには燃費性能の高いエコタイヤなど、用途に応じて様々なタイプのタイヤが発売されています。

そこで前回は、サマータイヤとスタッドレスタイヤに焦点を当てて、ご紹介をさせて頂きましたが、今回はもう少し踏み込んで!少しマニアックなタイヤもご紹介させて頂きます!

1.オールシーズンタイヤ

タイヤには大きく分けて、サマータイヤとスタッドレスタイヤがありますが、オールシーズンタイヤとはその名の通り「サマータイヤ」と「スタッドレスタイヤ」の両性能を持つタイヤで、1つのタイヤでオールシーズン使う事ができ季節ごとに履き替える手間がかからないので近年、注目されています。

しかし、サマータイヤやスタッドレスタイヤと同じような性能が発揮できるわけではないので、注意も必要です。

オールシーズンタイヤは雪道にも対応できる分、サマータイヤよりもゴムが柔らかく通常の路面だと走行の際に摩擦が起きやすく、燃費が悪くなってしいます。

また、スタッドレスタイヤの性能を兼ね備えてはいますが、雪道を安全に走行できるのは、やはりスタッドレスタイヤです。あくまで、急な少しの雪になら対応が可能ですが凍結した路面には使用できません。

日本の冬の季節は、朝夕の気温変化が0℃付近を往復する為、凍結と融解が繰り返される事でアイスバーンができ滑りやすい路面となる場合が多いようです。滅多に雪が降らない地域に住んでいて、念のため雪に備えたい場合にはオールシーズンタイヤを検討されるのもいいかもしれません。

2.車種専用タイヤ

車種や目的に合った専用タイヤがあるのを、ご存知ですか。

下記に、人気のある専用タイヤについてご紹介したいと思います。

●ミニバン専用タイヤ

人気が衰えないミニバンですが、車自体の重量が重く、乗車人数も多く乗れるのでタイヤへの負担がとても大きく、タイヤの溝が早く減りやすい傾向にあります。

ミニバン専用タイヤは、通常のタイヤに比べて、耐摩耗性能が高くタイヤの寿命を延ばす事ができたり、重心が高くふらつきやすい車体の安定性を高めて快適に走行できるように設計されているいる事が多いです。

●SUV、4×4専用タイヤ

近年、乗用車や軽自動車の中でもSUV車やSAV車が人気を集めています。

それに伴い、タイヤメーカー各社もSUV専用タイヤの開発に力を入れています。

SUV専用タイヤには、オンロードとオフロードの2種類のタイプがあり、そこから下記のように更に細分化することができるので順番にご紹介させて頂きます。

”オールラウンドタイプ(A/T)”

オールラウンドタイプといって、一般的な道路に加えて悪路にも対応する事ができるタイヤです。

SUV車は車高が高いゆえ「カーブでふらつきやすい」ので、ふらつきを抑えてくれたり、車体が重たい分、タイヤに負荷がかかりゴムの消耗が激しかったり、硬いゴムを使用することによりロードノイズ(走行音)が車内に聞き取りやすいので、ロードノイズを抑えてくれたり…

このような事から、オールラウンドタイプには安全性と快適性をバランスよく兼ね揃えた物が多いです。

普段使いから、レジャーまで幅広く活用できる為、SUV専用タイヤのメジャーなタイプです。

”コンフォートタイプ”

コンフォートタイプは、高速走行に対応したタイヤです。

オールラウンドタイプと特徴が似ていますが、乗り心地の良さや低燃費性能に優れています。高速走行が多い方や、乗り心地を良くしたい方にオススメです。

”オールシーズンタイプ”

SUV専用タイヤにも、オールシーズン走行できるタイヤもあります。

更に、M+Sという表示があるタイヤもあります。これはマッド・アンド・スノー=泥と雪に対応する事ができるという意味です。タイヤのトレッドパターンが大きいのと、雪や泥でグリップ力を高める為に柔らかいゴムで構成されています。オフロードを楽しみながら急な雪にも対応したいという方にはオススメです。

”オフロードタイプ”

オフロードタイプは、悪路を走行する際に性能を発揮できるタイヤです。

このタイプは、乗用車のみならず軽自動車用にもラインナップがあります。

川や山、砂利道などの走行に特化したものを”マッドテレーンタイプ(M/T)”といいます。

トレッドパターンが工夫されており、路面を捕らえるグリップ力と、地面を押さえつけて滑りにくくする力に優れています。

アウトドアを本格的に試したい方や、見た目をワイルドに見せたい方にもオススメです。

悪路といっても、雨で濡れた路面には注意が必要で溝に雨が入り込みやすいので滑ります。

また、悪路には適していますが舗装された道路とは相性が悪くロードノイズがしたり、快適性に欠けてしまいます。カーブにも弱いので運転に気を付ける必要があるでしょう。

”スポーツタイプ(S/T)”や”ハイウェイタイプ(H/T)”

スポーツタイプは、スポーツ走行に適したタイプです。

プレミアムクラスのSUV車には、馬力が高くスポーツ性能を兼ね揃えたモデルも多く、そのような車にオススメです。

ハイウェイタイプは、高速走行でも快適性や静粛性に優れているタイプとなります。

●商用車専用タイヤ

商用車は、一般的な乗用車とは異なるルールがあるので、タイヤ選びの際には注意が必要です。

商用車の場合、145R12 6PR LT や145/80R12 又は80/78N LTが標準的なタイヤで、この「LT」は「ライトトラック=小型トラック」であるということを表しています。

荷物を沢山載せる商用車は、タイヤに高い耐荷重が求められるので、このように「LT]の表示があるタイヤを装着するのが一般的です。

●軽自動車用タイヤ

軽自動車は、タイヤの径が小さいので乗用車と同じ距離を走るにも回転数が多くなり溝が減りやすい傾向にあります。

更に、小回りがききやすいのでタイヤの据え切りが多くなり、偏摩耗しやすいです。

意外と知られていないのが、上記のような理由で普通乗用車よりもタイヤが摩耗しやすので、タイヤ交換時期が早くくる事も多いのです。

軽自動車専用タイヤは、耐摩耗性に優れていたり、背の高いハイト系の軽自動車には、ふらつきを抑える工夫がされているタイヤが多いです。

3.まとめ

今回は、オーソドックスなタイヤから一歩踏み込み、マニアックなタイヤもご紹介させて頂きました。

目的や、車種に合わせたタイヤを選ぶ事でより良いカーライフを送って頂けるかと思います。

タイヤ交換の際に、ご参考頂ければと思います。

タイヤ量販本舗の販売ページもご覧ください!

車種からタイヤを探す
車種からタイヤを探す