【2月末迄】大阪市プレミアム商品券、使えます詳しくはこちら→
LINEやメールでオンライン相談受付中!掲載されていない車種やタイヤも取り扱っています

雪道での立ち往生の対策すべきこと

冬の季節は、積雪や路面の凍結で追突事故やスリップ事故が多発しやすいです。

積雪が少ない地域でも、予想外に大雪に見舞われる事もあるので雪道に対する備えを充分に行う事はとても大切です。

雪道でよく聞くアクシデントとして、立ち往生で長時間身動きがとれなくて困る…という事です。

そこで本日は、もし雪道で立ち往生した時の対策と、安全に走行する為の方法をご紹介致します。

雪道での安全走行の行い方

・スタッドレスタイヤの装着

雪道で安全に走行する為には、まずはスタッドレスタイヤなどの冬用タイヤを装着する必要があります。

しかし、豪雪に見舞われたり凍結した路面や坂道ではスタッドレスタイヤでも立ち往生してしまう事もありますのでタイヤチェーンを備えて、いざという時に装着できるように装着の仕方を練習しておく事をオススメ致します。

スタッドレスタイヤについては、こちらの記事もご参考下さい☆

☆お買い得な、スタッドレスタイヤのセットは、こちら☆

【 ブリヂストン ブリザックVRX2 】             

・安全運転を心がける

雪が除雪されて、少なく見えても凍結していたりする事もあるのでスピードは落とし、十分に車間距離をあけて走行する事が大切です。

カーブはスリップしやすく重大な事故に繋がりやすいので、カーブの手前で減速してから進入しましょう。

また交差点は、特に路面が滑りやすくなっているので早めに原則し停止できるように心がける必要があります。

ブレーキを踏む際は、強く踏むとスリップを招いたりタイヤが空転してしまうのでソフトに踏んで徐々に停止するようにしましょう。急ハンドルや急発進の”急”のつく運転はスリップの大きな原因となるので避けるようにしましょう!

・視界が悪くなったら無理をして進まない

吹雪や激しい降雪などで視界が極端に悪くなった際は、無理をして進まないように安全な場所に退避して様子をみるようにしましょう。

大雪後に注意したいこと

大雪後は除雪作業に時間を要する事があります。除雪作業が進んでも路面には様々な危険が潜んでいます。

・路面の凍結に注意する

道路は比較的早くに除雪作業されますが、雪が除雪されたようにみえても油断はできません。

融けた雪が凍ってしまっていたり、路面の一部に雪が氷のように固まって残っている事があるからです。

・路肩の残雪に注意する

除雪された雪は、路肩に積まれて道幅が狭くなっている事があります。そうなると、視界が悪くなって思わぬ危険を招いてしまいます。

例えば、積まれた雪の向こう側から歩行者や自転車が通行した際に発見が遅れてしまうととても危険です。いつもと同じ感覚で運転するのではなく、注意して運転する必要があります。

車が立ち往生したら

雪などの気象情報はある程度、情報収集ができ事前に備える事ができますが突然の吹雪や思いもよらぬ豪雪で立ち往生してしまうケースもあります。

その結果、長時間その場で車内に留まらなけらばいけない事になります。

高速道路などでは、悪天候により自分が立ち往生してしまったり、立ち往生している現場に巻き込まれてしまう場合もあるので、いざという時の”対処方法”や”備えておくと安心のアイテム”を準備しておく事が大切です。

まず立ち往生の原因となるものに「スタック」と呼ばれる状態があります。

雪道にタイヤがはまってしまい、アクセルを踏んでもタイヤが空転して前に進めなくなります。

完全にスタックしてしまうと、前にも後ろにも進む事ができなくなり、その結果、立ち往生してしまう事になります。

NEXCOによると「高速道路上でこのようにスタックした車が1台でも発生すると長時間の渋滞や通行止めにつながる恐れがある」とアナウンスされています。

また、立ち往生した車の特徴として

・小型車より大型車

・冬タイヤを装着していない

・冬タイヤを装着していたが、チェーンを装着していない

というデータがあります。

■車が立ち往生したら

もし自分の車が立ち往生してしまったり、立ち往生に巻き込まれてしまった際は

・道路緊急ダイヤル(#9910)やJAFに救援を求める

・ハザードランプを点灯して安全な場所に停車をする

・エンジンをかけたまま車内で過ごす際は、マフラーが雪に覆われないように注意し、完全に雪に覆われたらエンジンを停止する

■備えておくと安心できるアイテム

・タイヤチェーン

・牽引ロープ

・スコップ

・軍手や手袋

・長くつ

・防寒具

・防災グッズ(食料、トイレなど)

そして、とても大切なのが充分な燃料があるかどうかです。

特に高速道路を走行する際は、非常時に備えて燃料を満タンにして走行する事です。

一般道と異なり、給油できる場所が限られているので注意が必要です。

まとめ

冬の季節に、車で外出される際は大した雪ではないと思っていても、いつのまにか降り積もり立ち往生してしまう事があるので気象情報に注意し、大雪が予想される際は、車の運転を控えるようにする事で思わぬ事態を回避して頂ければと思います。

タイヤ量販本舗の販売ページもご覧ください!

車種からタイヤを探す
車種からタイヤを探す