LINEやメールでオンライン相談受付中!掲載されていない車種やタイヤも取り扱っています

【レビュー】ブリヂストンタイヤ『ポテンザ』とは?3種類を徹底解剖

皆様、タイヤを選ばれる際にチェックするポイントはありますか?

国産・外国産を含め、現在多くのタイヤメーカーがあります。

その中でも、メーカーごとに多くのタイヤがラインナップされていますよね。

沢山選択肢があるので、どのメーカーのタイヤを選べばいいかわからない…

そんなお悩みを少しでも解決できるよう、各タイヤメーカーと、そのラインナップについてご紹介したいと思います。

第3弾は、ブリヂストンの「POTENZA(ポテンザ)」シリーズ!

1979年にスポーツタイヤとして誕生し、スポーツカーやモータースポーツで使われるレーシングタイヤとして製造されてきたロングセラーのタイヤです。

POTENZAはイタリア語で”力”や”パワー”を意味する言葉だそうです。

どのような特徴があり、どのような方にピッタリなのか。

早速、見ていきましょう。

《ブリヂストンタイヤとは?》

まずは、ブリヂストン社について簡単にご紹介致します。

ブリヂストン社は日本のタイヤメーカーで、創業者の石橋正二郎氏により創設されました。

社名の由来は、創業者の氏名にちなみ、英語の「ブリッジ(橋)」と「ストーン(石)」を掛け合わせたそうです。

ブリヂストン社は、タイヤの他にもスポーツ用品や自転車事業も行っている事で有名ですよね。

ブリヂストン社のタイヤは世界シェアNO1という事もあり、乗用車のみならず、トラックなどの貨物や重機にも装着されています。

KOMATSU社の展示車に使用されているタイヤ
航空機用タイヤのラインナップも
二輪車用のタイヤのラインナップも

《POTENZAシリーズって、どんなタイヤなの?》

前述致しました通り、POTENZAは歴史のあるロングセラーのタイヤです。

タイヤの基本性能のうち、ドライ性能やウェット性能が高次元で磨き、スポーティーなドライビングを楽しむ為のタイヤは”スポーツタイヤ”と呼ばれています。

長い歴史の中でも、ポルシェ社の純正タイヤとしても採用された事もあり、高次元のスポーツ性能を誇るタイヤとして現在も発売されています。

タイヤの基本性能

サーキットでの過酷な走行に耐える事を目的に誕生したPOTENZAですが、一般公道用とモータースポーツ用のラインナップがあります。

その中から、一般公道用として

・S007A

・RE-71RS

・Adrenalin RE003

の3つの主要モデルについてご紹介致します。

《各モデルの特徴は?》

では、各モデルの特徴について見ていきましょう。

①POTENZA S007A(ポテンザ エス ゼロ ゼロセブン)

推奨車種:セダン・スポーツ

モータースポーツで培った技術はもちろ、快適性も追求しワンランク上のスポーツ走行を楽しめます。

世界のハイパフォーマンスカーにも認められたプレミアムスポーツタイヤです。

特徴として、

・優れたドライ性能とウェット性能を実現

スポーツタイヤに欠かせない、ドライ性能が高次元で実現されています。

ハンドリング性能や直進安定性が抜群です。

また、ウェットグリップ性能も高次元で実現されているので、濡れた路面でも高いグリップ力を発揮する事が出来ます。

POTENZA S007A

・コンフォート性能にも配慮

タイヤは走行性を追求すると、快適性が失われる傾向にあります。

しかしPOTENZA S007Aは、タイヤのパタンを工夫することで、スポーティーな走りを損なうことなく、どちらの性能も高いレベルにて両立できるタイヤを実現できるようになりました。

◎スポーティーな走りと、快適性を両立したい!

◎ハイパフォーマンスカーの性能を活かしたい!

◎濡れた路面も安心して走りたい!

このようなご要望がある方にピッタリです!

②POTENZA RE-71RS(アールイー ナナイチアールエス)

推奨車種:スポーツカー

スポーツ走行を追求したリアルスポーツタイヤ。

特徴として、

・サーキットで鍛え抜かれたドライグリップ性能

一般公道用のタイヤでありながら、サーキットでの過酷な走行テストでコンマ数秒を争って開発されました。

通常のタイヤとは異なり、タイヤの溝を減らす事でスポーツタイヤに欠かせないドライ性能を、とことん追求しています。また高いグリップ力を発揮できるよう、非対象パタンを採用する事で安心してコーナリングする事が可能です。

POTENZA RE-71RS

・耐摩耗性の向上

タイヤは一般的に、グリップ力が良いとゴムの摩耗は速く進みます。

F1を観戦された事がある方は、レーシングカーがタイヤ交換の為に頻繁にピットインする光景を思い浮かべてみて下さい。

「速く走れるタイヤ=擦り減りが早い」というイメージですが、POTENZA RE-71RSはコーナリング時の接地面積を均一かつ増やす事で高い耐摩耗性を実現しています。耐摩耗性が高いので、スポーツタイヤでありながら経済的にも優しいタイヤなのです。

◎スポーティーな走りを追求したい!

◎一般公道だけでなく、サーキットでも走行したい!でも都度、タイヤ交換するのは面倒!

◎スポーツカーの性能を活かしたい!

このようなご要望がある方にピッタリです!

③POTENZA Adrenalin RE004(ポテンザ アドレナリン アールイーゼロゼロフォー)

スポーツカーのみならず多くの車種に対応!

POTENZAのカジュアルタイヤで、いつもの道の運転も楽しく。

特徴として、

・専用のコンパウンドの採用で高次元の操縦安定性を発揮

POTENZA Adrenalin RE004 ”専用”のコンパウンドを採用することで、ドライ面での操縦安定性の向上と、転がり抵抗低減を高次元で両立しています。

更にこの専用コンパウンドは、シリカが配合されておりウェット路面でも操縦が安定するように配慮されています。

タイヤの溝やブロックにも工夫がされており、排水性と偏摩耗を抑制するよう配慮されています。

POTENZA Adrenalin RE004

◎POTENZA S007A程の性能は必要なく、もう少しカジュアルで良い!

◎運転が好き!気軽にスポーツ走行を楽しみたい!

このようなご要望がある方にピッタリです!

対応車種も多いので、手に取って頂きやすいです。

S007A
RE-71RS
Adrenalin RE004

同じPOTENZAシリーズですが、主要な3つのモデルを比較するとパタンの設計が異なるのがわかります。

ブリヂストン社がサーキットで培われた技術が、ふんだんに採用されているだけあり性能だけでなく、見た目もスポーティーですね。

《まとめ》

本日はブリヂストン社のPOTENZAシリーズについて、ご紹介致しました。

スポーツタイヤなだけあり、走行性能がとても優れている事がわかりましたね。

スポーツタイヤはウェット路面でのグリップ力を活かし、雨の日や濡れた路面でも活躍してくれます。

しかし、いくらいいタイヤでも定期的なメンテナンスは必ず行って下さい。

ご紹介したECOPIAシリーズは、タイヤ良販本舗にも、豊富に揃えておりますので是非ご利用下さい!

大阪/鶴見/門真/守口で工賃込みのタイヤ交換ならタイヤ良販本舗 (tireryohanhonpo.net)

タイヤ量販本舗の販売ページもご覧ください!

車種からタイヤを探す
車種からタイヤを探す