LINEやメールでオンライン相談受付中!掲載されていない車種やタイヤも取り扱っています

【レビュー】ブリヂストンタイヤ『エコピア』とは?2種類を徹底解剖

皆様、タイヤを選ばれる際にチェックするポイントはありますか?

国産・外国産を含め、現在多くのタイヤメーカーがあります。

その中でも、メーカーごとに多くのタイヤがラインナップされていますよね。

沢山選択肢があるので、どのメーカーのタイヤを選べばいいかわからない…

そんなお悩みを少しでも解決できるよう、各タイヤメーカーと、そのラインナップについてご紹介したいと思います。

第2弾は、ブリヂストンの「ECOPIA(エコピア)NH200」シリーズ!

とても人気が高かったNH100シリーズが、更に進化し2022年2月よりモデルチェンジし発売されました。

「ECOPIA」は1995年に初代が誕生し、”持続可能な社会の実現”をコンセプトに製造されてきたロングセラーのタイヤです。

どのような特徴があり、どのような方にピッタリなのか。

早速、見ていきましょう。

《ブリヂストンタイヤとは?》

まずは、ブリヂストン社について簡単にご紹介致します。

ブリヂストン社は日本のタイヤメーカーで、創業者の石橋正二郎氏により創設されました。

社名の由来は、創業者の氏名にちなみ、英語の「ブリッジ(橋)」と「ストーン(石)」を掛け合わせたそうです。

ブリヂストン社は、タイヤの他にもスポーツ用品や自転車事業も行っている事で有名ですよね。

ブリヂストン社のタイヤは世界シェアNO1という事もあり、乗用車のみならず、トラックなどの貨物や重機にも装着されています。

KOMATSU社の展示車に使用されているタイヤ
航空機用タイヤのラインナップも
二輪車用のタイヤのラインナップも

《ECOPIAシリーズって、どんなタイヤなの?》

前述致しました通り、ECOPIAは歴史のあるロングセラーのタイヤです。

多くの自動車メーカーの新車装着時に採用されている「ECOPIA EP150」と同等性能を保ちながら更に、低燃費性能とウェット性能に磨きがかかっています。

ECOPIAは、ブリヂストン社のスタンダードタイヤでありながら名前に「エコ」とついているように”低燃費タイヤ”として進化してきました。

現在、ECOPIAには乗用車のみならず電気自動車や商用バン用のモデルもありますが、本日は

・NH200

・NH200C

の2つの主要モデルについてご紹介致します。

《各モデルの特徴は?》

では、各モデルの特徴について見ていきましょう。

①ECOPIA NH200(エコピア エヌエイチ ニヒャク)

推奨車種:セダン・スポーツ・ミニバン

特徴として

・ハイレベルな低燃費性能を実現

タイヤが転がる際に発生するエネルギーロスを低減できるよう、エコテクノロジー構造(※)が採用されています。

これにより、旧モデルより転がり抵抗が低減、環境負荷の低減にも貢献しています。ウェット性能・ライフ性能と両立した高い低燃費性能を実現できるようになりました。

また、低燃費ラベリング性能を全てのサイズでAAランクを獲得しています!

同じガソリンを入れても、長い距離を走る事ができ、ガソリンにかけるお金を減らせる=お財布に優しい、とても経済的なタイヤなのです。

(※)タイヤが転がる時に発生するエネルギーロスを低減する為にタイヤのベルト部材を最適化した技術を適用することで高い低燃費性能を実現

ECOPIA NH200

・ウェット性能がアップし、雨の日でも安全性能を実現

ブリヂストン社のアルティメットアイという技術と、偏摩耗を抑制する高剛性ショルダーブロックを採用した新パタンが採用されいて、タイヤの接地面を均等にすることでタイヤのショルダー部分を長持ちする事ができます。

その為、ウェット性能も長持ちさせる事ができます。

タイヤの擦り減りは、雨の日など濡れた路面でのブレーキの効きや、滑りの原因となるのでウェット性能が高く、長く持続する事で雨の日でも安心してドライビングする事ができます。

・車内での静粛性が向上

雨の日でもしっかり止まる為の溝の作成と、静粛性を実現する溝を高いレベルで両立させる事は技術面でも難しいとされていますが、新しいパタンを採用する事で、どちらの性能も高いレベルにて両立できるタイヤを実現できるようになりました。

◎新車装着時のタイヤの性能を維持したい!

◎燃費が気になるから低燃費タイヤにしたい!更にタイヤも長持ちさせたい!

◎長持ちで、経済性の高いタイヤがいい!

◎走行時の車内の静粛性を向上したい!

◎濡れた路面も安心して走りたい!

このようなご要望がある方にピッタリです!

②ECOPIA NH200C(エヌエイチ ニヒャクシー)

推奨車種:軽自動車・コンパクトカー

上記のECOPIA NH200 の基本性能にプラスして車種の特性をカバーした設計がされています。

特徴として、

・軽自動車、コンパクトカー専用として設計されている

軽自動車やコンパクトカーのタイヤは、普通車と比べて径が小さく、同じ距離を走るのにも回転数が多くなるのでゴムが減りやすい傾向にあります。

このような特性を補う為に、ゴムの摩耗が低減できるよう、ブロックの剛性を硬すぎず、柔らかすぎず、最適化する事で耐摩耗性能が向上し、結果ライフ性能がアップしタイヤの長持ちに繋がります。

軽専用設計
コンパクトカー専用設計
ECOPIA NH200C

◎ECOPIA NH200の性能を実現しながら、軽自動車・コンパクトカー特有の悩みも低減したい方にピッタリです!

《まとめ》

本日はブリヂストン社のECOPIAシリーズについて、ご紹介致しました。

低燃費タイヤなだけあり、低燃費性能に優れているのはもちろんですが、タイヤに求められる基本性能をバランスよく高次元で引き出せるようなタイヤである事がわかりました。

しかし、いくらいいタイヤでも定期的なメンテナンスは必ず行って下さいね。

ご紹介したECOPIAシリーズは、タイヤ良販本舗にも、豊富に揃えておりますので是非ご利用下さい!

大阪/鶴見/門真/守口で工賃込みのタイヤ交換ならタイヤ良販本舗 (tireryohanhonpo.net)

タイヤ量販本舗の販売ページもご覧ください!

車種からタイヤを探す
車種からタイヤを探す