2020年06月16日

タイヤ交換時期のタイヤのミゾが浅くなったまま走行をすると、ハンドルやブレーキが効きにくくなり、安全な走行ができなくなります。
特に雨天時の高速道路など路面に水が溜まっている場合、水はタイヤのミゾを通して排水し、路面をつかんで回転しています。
しかし、速度が上がりすぎると排水が追いつかなくなり、ハイドロプレーニング現象(タイヤが路面の水たまりに浮いてしまうこと)が起こります。
その時、タイヤが水の上を滑る状態となり、ハンドルやブレーキがまったく効かなくなります。
ハイドロプレーニング現象は、雨などで路面に水が溜まっている状態でのスピードの出しすぎ、タイヤのミゾの過度な摩耗や空気圧不足などが原因で発生するので、タイヤの定期点検や安全運転を心がけることが大切です。

タイヤの点検をご希望の方は、タイヤ館 花博鶴見店にて、ご対応させて頂いておりますのでお気軽にご相談下さい。

タイヤ館 花博鶴見→https://www.taiyakan.co.jp/shop/hanahaku-tsurumi/

ページ先頭スクロール

Fatal error: Uncaught wfWAFStorageFileException: Unable to save temporary file for atomic writing. in /home/mrri10/tireryohanhonpo.net/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php:35 Stack trace: #0 /home/mrri10/tireryohanhonpo.net/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php(659): wfWAFStorageFile::atomicFilePutContents('/home/mrri10/ti...', '<?php exit('Acc...') #1 [internal function]: wfWAFStorageFile->saveConfig('livewaf') #2 {main} thrown in /home/mrri10/tireryohanhonpo.net/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php on line 35